姿かたちも十人十色 だから魅かれ合うの

「鳥がなんで空を飛んでいるのか、知っているかな。他に飛んでいるものが少ないからさ。虫とかコウモリとかがせいぜいで、事実上鳥以外に空を飛べる生き物はいない。だからだよ」――――公園で会った少女との会話より
 
 
 と、いうかですね。「他の動物が足が速かったり力が強かったりするように、人間という動物は頭が良いという特徴を持つ」という話を「そういう解釈もできるよ」レベルでなくかなり直接的にやっているアニメを観ながら観たらIQが下がるだのなんだの何も思わずに言えてしまう感性の鈍さはちょっと犯罪的じゃないでしょうか。みなさんお久しぶりです、流行のアニメ観ました。
 あ、アニメの話はしません。僕はいつも通り自分語りしかできない。だって自分が大好きだから! 今日もアニメを観ながら思った自分のことを書きますよ! 貴方たちも大好きな僕の話が聞けて嬉しいでしょう!
 あと、流行のアニメの話をして何かの拍子に閲覧数が増えたりしたら怖いし……。
 ちなみに頭の良さを武器にシェアを圧倒的に増やしたホモサピエンスの立場から「足が速いことや、力が強いことは軸として弱い。頭の強さこそ力なのさ!」という意識で口にしているなら一定の説得力はあると思うので口をつぐみます。
 
 
 
 で、上で書いた頭の良さというスキルを特別視し過ぎてないかという話なんですけどこれは自分自身人のこと言えないなと思ったんですよ。
 例えば動物の話じゃなくても、ひよこのオスメスを区別できるとか、ピザを上手いことくるくる回せるとか、多分〝頭の良さ〟じゃないじゃないですか。じゃあ、そういう人たちが何か劣っているかと言われると彼らは彼らのスキルで人々を幸せにしているというか、彼らの戦場は頭の良さじゃないわけじゃないですか? 
 それを頭の良さで人々を幸せにしてお金を稼いでいる人が下に見ているとしたならばそれは果たして正しいのだろうか、って気がしません? 確かにまあホモサピエンスって頭の良さがメイン武器の生き物だけど、個人個人の単位ではそれを武器にしてない人もいるでしょ、的な。
 いやまあ、僕は比較的〝頭の良さ〟でお金を貰っている立場の人間ではあるんですが。
 
 
 という、意識を漠然と持っていたんですけど。仮に本気で「〝頭の良さ〟というスキルはひよこのオスメス鑑定やピッツァをくるくる回すスキルと同等である」と考えていたとしたら、逆に「IQが下がる」という表現にそんな目くじらを立てることもないよな、と。
 つまりまあ、さておきめちゃくちゃ「頭悪い」って言われたくないし、もしも他人が「頭悪い」って言われているのを見たら下に見られてるなって思うんですよ。例えば「お前はピッッッッツァをくるくる回せない」って言われるのはただの事実だと思うのに、ですよ?
 結局まあ、僕もまた〝頭がいい〟というスキルを特別視しているどこにでもいる人間だったという話です。
 
 
 
 僕は彼女を下に見たくないんだ……。何の問題もなく生きている彼女を自分の基準で下に置きたくない。ただ、対等な相手として認識したい。もしも僕が彼女を見下したならその時は後ろから撃って欲しい……。
 とまあ、流行のアニメを観ながらそんな風なことを考えている面倒な人間がいたよというお話でした。もっと面倒なことをごちゃごちゃ考えてたので機会があったら話したいです。僕の話をね!

冬コミ直前! 蝉ミキサーインタビュー!

 ──蝉ミキサーさんこんにちは。今回のインタビューでは「あの素晴らしい暴力をもう一度」に寄稿した漫画「赦免花の蕾」の魅力をお伝えできればと思います。そもそも、合同誌に参加したのはどのような経緯が?

 作画担当の山像さんに「原作書きません?」って聞かれたので、「はい、書きます」と……。

 ──え? それだけ?

 はい、それだけですね……。まあ、元々架空の邂逅漫画とか描いてましたし、なんとなく漠然と伏線みたいなものはあったんじゃないかなと思います。




架空の邂逅漫画。二人が実際にあったわけではない。架空の会話であってゆゆ式心から好きです。大好きです。


キャラクターではなく物語の二次創作

 ──それでは「赦免花の蕾」はどのようなところ魅力だと思いますか?

 随分と漠然とした質問ですね(笑) そうですね……魅力、かどうかは分かりませんがキャラクターの二次創作ではなくアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」 (以下、シンデラガールズ)の二次創作なところが少し市場でレアなところかなと思います。もっとも、あんまり同人誌界隈のこと知らないので予想で話してますけど。買う側としてコミケットに参加したことありませんし。

コミックマーケット91開催前の話です。自分の本を貰いに行きました。

 ──物語の二次創作ということをもう少し説明していただいていいですか?

 漠然とした印象ですけど、二次創作の多数派は「このキャラが好き! このキャラを描くぞ!」みたいな感じなのかなという印象があるんですけど、「赦免花の蕾」はそうじゃないんですよ。シンデレラガールズに対する私なりのアンサーとして書きました。キャラクター愛ではなく作品愛ですね。例えば、シンデレラガールズを観ていて「アイドル同士やプロデューサーとの繋がりの中で島村卯月は答えを見つけるけど、ファンの存在はどこに位置づけられるのか」とか「プロデューサーと常務の方針は本当に排反で共存はできないのか」とか疑問に思ったんですよ。もちろん、触れるべきだったと言っているわけではなく、あの物語のテーマはそこにはないので触れなくていい部分だと思います。でもそういう方向から語ることもできるな、と。

 ──なるほど、シンデレラガールズの別の側面ということですね。

 そうですね。だから、この物語はまず名も無いファンの視点から始まります。出来事事態は異なっていますが、〝ニュージェネレーションの他二人が他の活動で、キラキラすることに焦燥感を覚えてる島村卯月〟というアニメ後半のテーマを、ファンの視線から語り直す、という物語です。そして、島村卯月の方針についてプロデューサーと常務の意見が分かれて揉めるという展開もあります。

 ──アニメを観ていて気になったところに対する答えなんですね。だから、私なりのアンサーとして書いたと。

 

シンデレラガールズ高瀬舟は親和性が高いと思っています

 ──告知記事を見ると高瀬舟が出てくるようですが。これは森鴎外高瀬舟ということでいいんですよね?

 そうですね、その高瀬舟を下敷きにしています。

 ──なんだかそれだけ聞くと随分と不思議に聞こえますが。

 まあ、正直原作を書かないかと言われたときにちょうど再読していたという事情ですね(笑) その時の自分の中で興味のあるテーマだったので。

 ──なんだか随分と行き当たりばったりに聞こえますが(笑)

 とはいえシンデレラガールズ高瀬舟は親和性が高いと思ってますよ。高瀬舟のテーマの一つに知足(自らの分をわきまえて、それ以上のものを求めないこと。分相応のところで満足すること。「老子」33章の「足るを知る者は富む」から)があります。それに対してシンデレラガールズ渋谷凛が足りないことを知って一歩踏み出すところから始まるわけですから。そしてその後も「キラキラしていない」「キラキラする」と現状を変えていくわけですね。

 ──なるほど、真逆の話だからこそ親和性が高いと。

 ただ逆なわけではなくて、足りないことを知るだけじゃダメで「思ったよりもキラキラできてなくてショックを受けるけどそれでも見ているファンの方がちゃんといる」だとか、あるいは後半の島村卯月の展開だとか、ちゃんと今足りていることを知ることの大切さも描かれていますね。それがあのアニメのテーマだというつもりがないですが、その側面からも語れるぞ、と。それだけの強度がある物語だと思っています。

 ──色んな側面から語ることができるということですね。

 シンデレラガールズには人生の大切な全てのことが詰まってる、でも多くの人がそれに気付かないんだ。

 ──(笑)


本当はもっと橘ありすを出したかった

 ──初めての漫画原作ということで何か困ったことなどはありますか?

 そうですね。元々、どちらかというと文章書きなのでなんでもかんでも台詞で説明しようとし過ぎていたと思います。「事件について書いてある新聞をアップで描こう」と言われたときとか「なるほど! 漫画だとそんな手が!」と目から鱗が落ちる思いでした。今思えばもう少し山像さんにふんわりした形で投げて向こうの裁量で演出する部分を増やした方がよかったかもですね。

 ──漫画と小説の違いですか。

 はい、それに最初に書いた原作だと、台詞が全体的に長くてかなりバシバシ削りましたね。私リアルだと間違いなく噛むような長ったらしい語りをさせるのが好きなんですよ(笑)

 ──揉めたりとかはしなかったんですか?

 基本的にはお互いにお互いのことを尊敬して上手いことやれていたと思います。ただ、一ヶ所だけ揉めたところがあって「原作の渋谷はこんなことを言わない!」「漫画としてはこっちのほうが面白い!」みたいな話をしました。

 ──それでどうしたんですか?

 作品として世に出す以上、一切の妥協無く最善手を探りました……なんて答えられたらよかったんですけどね。時間の関係もあり漫画として面白い方を選びました。その結果もあり面白いものができたと思っています。元々、原作を引き受けるときに「私のこだわりと漫画の面白さが衝突したら容赦なく私のこだわりを切り捨てるのが引き受ける条件だ」というようなことを言っていましたしね。

 ──それもすごい話ですね

 ええ、狙ってたわけじゃないですが。なので二人で伏線回収だとはしゃいでましたね。
 
 
 ──最後に何か言っておきたいとかはありますか?

 蝉ミキサーと山像、この二人が組む以外の契機ではこの世界にまず現れなかっただろうという二人の個性が混ざった漫画になったと思っています。私か山像さんのどちらかが好きなら買って損はないと思いますよ。
f:id:semimixer:20170103223407j:plain

※この記事が公開されている時点でイベントは終了しています。

コミックマーケット91参加します!!!

いえ、イベントに参加するかと言われると当日ちゃんと起きてやる気があったらという回答になるのですが……。


さておき、コミックマーケット91にて頒布される合同誌に参加します!!!!※この記事が公開されている時点でイベントは終了しています。


以下がその内容と、最近のMOモダンフレンドリーグのゲーム内容になります。


f:id:semimixer:20170103223400j:plain
f:id:semimixer:20170103223403j:plain
f:id:semimixer:20170103223405j:plain
f:id:semimixer:20170103223407j:plain


先手 エルドラージタックス ○××
先手 青単トロン ×○○
先手 グリクシスデルバー ○○
先手 ナヤバーン ×○○
後手 スーサイドブルー ×○×
先手 青単のタイムワープを連打するデッキ ○××
先手 弱者の剣コンボ入り青白コン ○×○
後手 アブザン ×○○
後手 赤青昇天 ×○○
後手 Zoo ○××
後手 エルドラージタックス ○○
後手 グリクシスコン ×○×
先手 トリココントロール ○×○
先手 アドグレイス×○×
後手 ドレッジ ○×○

勝率自体はちょっとアレですが、宝箱からミスティと墨蛾の生息地出してるからしばらくは収支プラスのはず……!!


それでは新刊「あの素晴らしい暴力をもう一度」をよろしくお願いします。

f:id:semimixer:20170103223118p:plain

個人宛メッセージ

 もしも更新通知とかから「お、久しぶりの更新じゃん」ってきた人がいるなら悪いけど、今回のこれは「個人宛のメッセージを置く場所に困った。そういえばブログとか持ってたから使おう」みたいな奴です。
 

 これからしばらくのせみみご飯

白米(8食分):1つ3/4合です。冷凍。
f:id:semimixer:20160612221008j:plain

餃子(4食分):焼く前。冷凍。蒸す関係で事前に解凍しなくても食べられる状態に充分持って行けるのが偉い。
f:id:semimixer:20160612220846j:plain

肉じゃが(3食分):冷蔵、4日以内に食べないと多分駄目になる。
f:id:semimixer:20160612221331j:plain

ハンバーグ(2食分):焼く前。冷凍。あとレタス1/2玉を盛り合わせします。
f:id:semimixer:20160612221438j:plain

ネギマ(2食分のつもりで作ったけどどうしよ):2食分作るつもりだったけど鮪が思ったより高かったのでけちったため悩んでる。冷凍。
f:id:semimixer:20160612221218j:plain

こんな感じです。

赤いサーラの女

あの赤いサーラの女だ。
あいつを認識すると別の自分にパスが繋がる。

最後に認識した世界では隣に住んでいるようだったが、今いるここが本当にその記憶の続きかどうかは自信がない。
ちょうど良いことに隣の部屋から人の気配がする。今日これから尋ねてみるつもりだ。

仮説検証中

 ちょっとふと思い付いたある仮説を検証している。あとでここに書きます。

昔はよかったっけ……?

 また老害じみたことを言い出すが、やはりインターネットにいる人間の傾向というのは確実に変っているように思う。
 
 実は10年前以上前からとあるゲームについて語るためのコミューンにいてそこでそれなりに個人的な話をしたりしてるのだけれども、そこでこう、自分の人間的な欠陥の話をすると共感して貰えていた気がするのだが、最近こういう話をすると「それはこういう病気だと思うからこういう薬を飲むといいぞ。つーか飲め。いいぞ」みたいな強い言葉を言われる。
 っていうか調べてみたら日本ではその薬違法だし、多分お前の国でもよくない薬だぞそれ。
 
 
 とはいえ何だかんだでそのコミューンを出て行くと本当に孤独になってしまうのでそいつと距離をとりながらなあなあに過ごしていたのだけれども(けっこう私以外の人はよく喧嘩しててこれは私が日本人だからだろうか?とか思ったりする)、前職があまりにつらすぎてついそいつからいくつか薬を個人輸入してしまった。
 どこかで読んだ「あのソリッドスネークだって狙撃するときは精神安定剤に頼る」という文章に説得力を感じたのも大きいし、前職が忙し過ぎて医者に行く時間すら取れなかったのもある。
 さておきデパスのような軽いやつだけちょっと分けてもらうつもりだったのに件の違法な奴が入ってた。金は要求してこなかったし、善意でやってるのもわかるんだけど……。